UberEats始めました。新宿のパートナーセンターでバックもゲット

UberEats配達パートナー

先日UberEatsの配達パートナーになりました。

1ヶ月くらい前から早くやろうと思っていたのですが、色々と忙しくてつい先延ばしにしてしまいました。

配達の仕事は学生時代に宅配ピザぶりです。

スポンサーリンク

パートナーセンターで登録

早速パートナーセンターに行って来ました。

Uber Eatsの配達パートナーになるためには、オンラインで登録するだけではなく、説明会に行く必要があります。

ちょっと面倒ですがその説明会に行かないと配達用のバッグがもらえないのでしかたありません。

ちなみに5月31日から6月30日までは最大10万円がもらえる#ウバ活対決キャンペーンもやっています。

Uber Eatsの配達パートナーに登録

そもそもUber Eatsってなに?

まだUberEatsがなんなのかよくわからない人に向けてちょこっと説明します。

Uber Eats ( ウーバーイーツ ) とは一言で言うと、フードデリバリーサービスです。

要するに料理を運ぶ仕事です。

配達パートナーになると、注文者の元へ料理を配達して収入を得ることができます。

ただしどこかのお店に勤めるわけではなく(〜ピザとか〜寿司とか)、あくまで個人事業主として働くことが出来ます。

イメージとしてはUberに委託されて料理を運んでいる感じですね。

個人事業主なので時間の制限やシフトなども全くありません。

自分の好きな時間に好きなだけ働くことが出来ます。

なので学生でも社会人でも、ちょっとした隙間時間を活用して好きなエリアで稼働して収入を得ることができます。

Uber Eatsの配達パートナーになる

パートナーセンター新宿

パートナセンター新宿に行って説明会と本登録を済ませてきました。

パートナーセンター(新宿)

  • 住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F
  • 最寄駅:新宿駅より徒歩7分
  • 営業時間:月〜火・木〜土(祝日含む)12:00〜19:00

地図をみる

一階に磯丸水産が入っている西新宿メトロビルの3階です。ちゃんと「Uber Eats」の看板があるのでわかりやすいです。

パートナセンター内部の様子

パートナーセンターの中にはちゃんとセキュリティガードマンっぽい人がいました。

さすが外資系企業です。

写真撮影は出来ないのでオフィスの様子は写せませんでしたが、結構殺風景な場所でした。

説明会(本登録)の流れ

説明会の流れはこんな感じでした。

  • 受付で本人確認
  • ガイドブックを受け取る
  • 名前が呼ばれるまで待つ
  • スタッフから個別に説明
  • バッグをもらって終わり

所要時間はだいたい30分〜1時間くらいです。一時間以上は多分かかりません。

僕が行った時は4人待ちくらいだったので早く終わりましたが、時間帯によっては混むこともあるかもしれません。

受付で本人確認

オフィスに到着すると受付担当の人から電話番号と名前を確認されました。

ガイドブックを受け取る

本人確認書類のアップロードなどがオンラインで済んでいれば、配達パートナーガイドを渡されます。

これには注文時に使えるクーポン券が5枚も挟まってました。ウハウハです。

Uber Eatsの配達パートナーになる

個別に説明

オフィスの中には4つか5つくらいのブースがあり、一度に4〜5組の配達パートナー希望者が個別に説明を受けました。

面談はマニュアル通りに進んで行きます。

担当者はバイトっぽいですがまあしっかり説明はしてくれます(多少早口ですが)。

面談でやることはこれくらいです。

  • 銀行口座の登録
  • 自賠責保険書類の提出(バイクのみ)
  • 配達パートナーの心得
  • 報酬についての説明

ネット銀行・ゆうちょは不可

報酬を受け取るには銀行口座が必須ですが、ネット銀行・ゆうちょは使えないみたいです。

三菱UFJやみずほ、東京スター銀行など、実店舗がある銀行しか報酬の受け取り口座を指定することが出来ないようなのでご注意を。

最低基準額保証制度

個別面談では報酬についても説明してくれます。

その中でも「最低基準保証制度」の説明はしっかりよく聞きましょう。

Uber Eatsの配達パートナーになると初回配達から30日以内に150回配達したら絶対に10万円はもらえることが保証されています。

例えば150回配達した時点で報酬が9万円だったとしても、最低基準が10万円なのでプラス1万円が加算されるのです。

これは嬉しい制度ですね。これなら短期で配達するとしても十分やりがいがあります。

ちなみに150回配達すると10万円もらえるとすると一回あたりは666円になります。

つまり一回配達するだけで666円もらえるのです。

こう考えるとかなりモチベーションが上がりますね。

150回に到達しなくても、配達すうに応じてその都度基準額が設定されているので安心です。

バッグをもらって終了

面談が終わるとバッグを受け取って終了です。今日からすぐに配達パートナーとして稼働することが出来ます。

背負ってみましたが、腰への負担も少なくてなかなかよかったです。

容量も相当です。

しきりが二つ入っています。

以前は大きくUber Eatsと書かれていてちょっと目立ちましたが、これなら目立たなくていいですね。

ちなみにバッグ代の8000円はデポジットとして売り上げから複数回に分けて天引きされます。

でもバッグを返せばちゃんと8000円返ってくるので心配はいりません。

バッグが壊れてしまったもサポートセンターに持って行けば新品と交換してくれるらしいです。

まとめ

今回はUber Eatsのパートナーセンターで本登録を済ませてバッグを受け取るまでの流れを簡単にご紹介しました。

随分前からオンラインでの登録は済ませていたのですが、説明会と聞くとなんとなく気が向かなくてずっと先延ばしにしていました。

でも説明会と言っても個別面談なので、思った以上に楽でした。

さらに事前の予約なども必要ないのでちょっとした用事のついでにパートナーセンターに行ってしまうのも出来ますね。

今Uber Eatsでは初回150回配達最低額保証の他にもクエスト(配達回数によってボーナスがもらえる!)というようなキャンペーンをやっていたりするので、迷っているのなら絶対に説明会に行った方がいいです。

5月31日から6月30日までは最大10万円がもらえる#ウバ活対決キャンペーンもやっています。

Uber Eatsの配達パートナーになる

コメント