【初めての治験】治験歴6年の僕が考える治験のメリットとは?

初心者のQ&A

もし今お金が欲しくてバイトを探している人がいれば、僕は迷わず治験バイトをおすすめします

その一番の理由は治験に参加するとメリットが多いからです

今回は治験参加歴10回を超える僕なりに考える治験のメリットをご紹介していきます。これを読んだらきっと治験に参加しやすくなるはずです。

スポンサーリンク

僕なりに考える治験のメリット

それでは僕なりに考える治験のメリットを紹介していきます。

高額報酬がもらえる

多くの人が治験に参加する1番の理由はここだと思います。

一度の治験でもらえる報酬(協力費)はとにかく額が大きいです。単発のバイトでここまで高額な報酬がもらえるのは治験以外にはありません。

僕自身も、治験に参加し続ける理由はここにあるといっても過言ではありません。

僕が参加する治験の報酬は平均すると一回あたり15万円〜18万円くらいです。

中には3週間で40万円という破格の案件もあり、都合が合えば僕は必ず参加するようにしています。

協力費の相場は?

大体の相場は1日あたりこんな感じです。

  • 入院タイプ:15000〜25000円
  • 通院タイプ:8000〜12000円
  • 健康食品モニター:それぞれ違う

一番報酬が多いのが「入院タイプ」の治験です。最低でも一日15000円の協力費は出ます。

次の通院だけのタイプはあまり参加したことがないのですが、通院一回につき1万円はもらえます。

健康食品に関してはものによるのでなんとも言えません。でも一回で1万円もらえるということはなく、数千円が相場だと思います。

入院タイプに関しては普通に働くよりも格段に高いです。しかも投薬日以外は特にやることもなく、ベッドの上でごろごろしているだけでこの額がもらえるんです。

※事前説明会の時にも交通費として3000~5000円がもらえます。詳しいことは下の記事を参考にしてみてください。

http://chikennosusume.site/medical-checkup/3000yen-moraeru/

入院中の生活が楽過ぎる

治験のメリットその2は「入院中の生活が楽過ぎる」ことです。

投薬日以外は基本的に何もすることがなく基本的に自由です。

もちろん「外に出ては行けない」などの禁止事項はありますが。他の人に迷惑をかけなければ基本的に怒られることはありません

ゲームをしても漫画を読んでも映画を見ても昼寝をしても良いのです。

多くの入院施設には娯楽用の漫画、ゲームやDVDプレイヤーなどが備わっているので何も持って行かなくても暇つぶしは出来ます。

僕が行く治験病院のほとんどの場所はWi-Fiがあるのでネットにも繋がります。データ通信量を心配する必要もありません。

大体の人はベッドの上でゴロゴロするか、デイルームのようなところで漫画を読んだり映画を見たりするだけです。

もし施設の娯楽に飽きてしまったらアマゾンやU-NEXTなどで動画や映画を見たりすれば時間は潰せます。

入院期間に初回限定無料体験を試せば一切お金をかけることなく暇つぶしが出来ますね。

漫画を読んだり昼寝をしたり勉強したりするだ毛で日給15000円以上もらえるわけですから、ハマってしまうとやめられなくなってしまいます。

時間を有意義に使える

一日中ダラダラしても良いのですが、せっかくだから入院している時間を有意義に使っても良いかも知れません。

僕が知る限りでは参考書を持ってきて勉強している人や、本を持ってきてたくさん読みまくったりしている人がいました。入院中に勉強は結構集中出来そうですね。

あとは手芸?のような物を持ってきている人もいましたね。

治験は他の人の迷惑にならなければ基本的に何をしても自由ですから有意義な時間を過ごしてみるのもアリです。

タダで健康診断が受けれる

無料で健康診断が受けれるというのもかなり大きなメリットではないかと思います。

事前検診では聴診、心電図、血圧、採血などがあり、そこで自分が健康かどうかが分かります。

当然被験者に選ばれたら健康という証拠ですよね。もし身体に異常があれば被験者に選ばれることはありません。

場合によっては「ここがちょっと悪いみたいだよ」とアドバイスをしてくれることもあります。普段は医者に行くことが無い人にとってはラッキーですね。

なのでたとえ治験に参加するかどうかを迷っているとしてもとりあえず事前検診に行くのはアリです。

事前検診は参加するだけで交通費(3000円〜5000円)がもらえるというメリットもあります。

規則正しい生活リズムになる

入院中は早寝早起きが基本です。

朝は大体7時に起こされ、9時に朝食という風にスケジュールが全て決まっています。

普段の生活が荒れている人には良い機会です。朝日と共に起きるのはなかなか清々しいです。

お昼ご飯や晩御飯の時間もきちんと決められているため、自然と規則正しい生活リズムになるので身体も健康的になりますよね。

消灯は23時くらいが多いようです。消灯後も眠れない場合はスマホをいじっていても別に問題はありませんが、他の被験者の迷惑にならないようにしましょう。

栄養バランスの取れた食事が出る

入院中は病院で出された食事しか食べることは出来ません。

ですが入院中ということもあり、栄養バランスに気を遣っています。3食とも栄養バランスを考えた食事なんて普段はあまり食べることが出来ないですよね。

食事が美味しい・ボリュームもある

しかも食事が美味しいです。メニューが変わるので毎日食べても飽きません。

お代わりなどは出来ませんが、ご飯がお椀1.5杯分くらいあるのでお腹いっぱいになります。

病院によっては近くの弁当屋の宅配弁当だったりします。1箱1000円くらいする高級幕の内弁当や店屋物がでた時もありました。

一番驚いたのはお昼にラーメンが出た時ですね。水筒みたいなのにスープが入っていて感動しました。

また、入院中は食費が一切かかりません。これも低所得者には嬉しいですね。

社会貢献

当然ですが今世の中に出回っている薬は全て治験の臨床試験を通過して、厚生労働省から一般使用が認可されたものだけです。

普通の風邪薬も、難病で苦しんでいる方の為の薬もすべて治験を経ています。

治験があるからこそ薬の安全が保証されているんです。

そういう点では治験はやっぱり尊いボランティアなのかなあと思います。

話のネタになる

治験に参加したっていう人はあまり聞きませんよね。

みんなどちらかというと「治験」と聞くと「あいつ臓器売ったのか?」みたいな悪い印象を持つようです。

だから実際に治験に参加してその体験を友人に話したりすると一目置かれることもあるかも知れませんね。

治験病院の看護師さんは美人が多い?

これは完全に僕の思い込みかも知れませんが、なぜか治験病院にいる看護師さんは美人が多いような気がします。

髪を染めた20代くらいのキャピキャピした感じの看護師さんがいる病院に入院するのは気持ち的に楽ですよね。

被験者は全員男なので長期の入院になると目の保養にもなります。

もしかしたら病院側もそういうことを考えて看護師を採用しているのかも、なんて疑ってしまいます。

治験のメリットまとめ

今回は僕が考える治験のメリットについて紹介してみました。

最後にまとめます。

  • 高額報酬
  • 入院中の生活が楽
  • 有意義な時間
  • タダで検診が受けられる
  • バランスの良い食事
  • 食事が美味しい
  • 食費がタダ
  • 規則正しい生活
  • 社会貢献
  • 話のネタ
  • 看護師は美人が多い?

が治験のメリットとして僕が考えていることです。

やっぱり高額報酬というところが1番のメリットじゃないかと思います。僕の生活の1/3くらいは治験によって成り立っていますからね。

治験のデメリットについてはこちらを参考にして下さい。

初めての治験にぴったりのJCVN

JCVNは初めての人におすすめの治験情報サイトです。

10年実施の実績があり、安心確実な治験案件を多数ご紹介中。

事前検診に行けば自分の健康状態も分かる上、謝礼金ももらえます。

まずは無料登録して募集している案件をチェックしてみましょう。

掘り出し物案件多数の治験情報サイトVOB

VOBは業界最大手の治験情報サイトです。

他のサイトが扱っていない高額謝礼の「掘り出し物案件」多数あります。

チャンスを逃さない為にもまずは無料登録しましょう。

スポンサーリンク
初心者のQ&A
スポンサーリンク
ヒカルをフォローする
スポンサーリンク
治験博士のウバ活奮闘記

コメント