僕が大学生に治験バイトをおすすめする5つの理由

初心者のQ&A

今回は僕が大学生に治験バイトをおすすめする5つの理由について、僕の学生生活に触れながらお話します。

きっと多くの大学生は普通のバイトをしていると思いますが、大学生こそ治験バイトに参加するべきだと思っています。

スポンサーリンク

バイト三昧の学生生活

大学生がバイトをする一番の理由はお金ですよね。

もしかしたら家が裕福でお小遣いを毎月10万円くらいもらっているお坊っちゃまもいるかもしれませんが、基本的に自分が遊ぶお金は自分で稼ぎます。

中には様々な事情で自分で大学の授業料を払わなくてはいけない学生や、地方から上京してきて生活費を自分で賄わなくてはいけないという学生もいるかと思います。

僕も大学生の途中から家庭の事情により、自分で授業料を払わなければいけなくなりました。

奨学金をもらうという選択肢もあったのですが、大学を卒業後も一生奨学金を返済し続けるのが嫌でもらいませんでした。

学費の為に1年間休学し、チラシ配りや、宅配ドライバーなど時給が高めのバイトをいくつか掛け持ちしていました。

しかし、いくら時給が良いといってもせいぜい1300円程度だったので、学費を払うにはかなり厳しめでした。

そこで初めて参加したのが治験でした。

一番最初は2泊の入院を2回で9万円の簡単な治験でしたが、これをきっかけに治験に参加するようになりました。

治験に何度か参加したおかげで、学費も無事に貯めることができ、大学に復学することも出来ました。

僕が大学生に治験バイトをすすめる5つの理由

それではここから僕が大学生に治験バイトをすすめる大きな5つの理由について書きます。

謝礼金が高額

一番の理由はなんといっても謝礼金が多いことです。

入院治験の場合は1日あたり平均で16000円から25000円の協力費がもらえます。

例えば3泊4日の入院治験の場合の協力費は7~8万円が相場です。

時給1000円のバイトで7万円稼ぐ場合は70時間(約3日間)休みなく働く必要があります。

しかし、3泊4日の入院治験なら病院のベッドで寝ているだけで7万円もらえるのです。

入院中に忙しくなるのは投薬日だけです。投薬日以外は特にしなければならないこともありません。

ただベッドに横になって漫画を読んだりスマホをいじったり映画を見たりしているだけです。

机がある病院がほとんどなので、大学の課題をやったり資格勉強をしたりも出来るんです。

実際に1週間から3週間くらいの長期の入院治験に参加して、お金を稼ぎながら資格勉強をするというケースはそれほど珍しくありません。

入院中に病院で参考書を広げている人はよく見ます。病院内は基本的に静かなので勉強するのにはぴったりなのかも知れません。

3食出るから食費が浮く

入院中は3食必ず出てきます(投薬日は2食)。朝昼晩の3食がしっかり出てくるんです。

つまり食費を浮かすことが出来ます。

さらに病院の出す食事なので栄養バランスが偏ることもありません。

栄養バランスの良いタダ飯が食べれるなんて最高ですよね。

健康な体

治験に参加するためには何よりもまずカラダが健康でなければいけません。

被験者に選ばれるには事前健康診断の採血や心電図測定で良いデータを示す必要がありますが、これは若ければ若いほど有利です。

大体の入院治験は20歳〜40歳の幅で募集しているのですが、実際に被験者に選ばれるのは20代前半が圧倒的に多い印象です。

もちろん事前健康診断の前日に脂っこい物を食べたり、アルコールを摂取してしまえば被験者には選ばれません。

長期の休みがある

社会人になってからは基本的に平日に会社を休んだり、1週間くらいの長期の休暇を取るのは難しいですよね。

その点、大学生には夏休みや春休みという長期の休暇があります。

多くの学生はこの期間を利用してがっつりアルバイトで稼いだりすると思います。

しかし僕はこの期間を利用して治験に参加するのをおすすめします。

上でもお話しましたが、治験は1泊2万円程度の協力費が出ます。

1週間の入院治験なら12〜13万円、3週間の長期入院だと40万円近くの協力費が出ることもあります。

大学生が一生懸命働いたって一月に20万円程度稼げれば良い方です。

しかし治験なら入院してダラダラしているだけで1日2万円ももらえるのです。長期期間を利用しない手はありませんよね。

美人の看護師さんが多い

これは大学生とかはあまり関係ないかも知れませんが、治験病院の看護師さんはなぜか美人が多いです。

入院中はストレスがたまる場合もあるので、そういう時に美人の看護師さんに採血をされたり心電図を取られるするのはちょっと嬉しいですよね。

大学生に治験バイトをすすめる理由まとめ

今回は僕が大学生にこそ治験バイトをすすめる5つの理由についてお話しました。

大学生は毎日授業があったり、レポートを提出したり、バイトをしたりと色々と忙しいと思います。

なので夏休みは冬休みは毎日遊びたい気持ちも分かります。

でも、もし余裕があればこの期間を利用して治験に参加してみてください。

何度も言いますが、治験は入院しているだけで1日2万円近くももらえます。

最初は色々と心配でちょっとためらうかと思いますが、一度参加してしまえば次からはリラックスして参加することが出来ますよ。

初めての治験にぴったりのJCVN

JCVNは初めての人におすすめの治験情報サイトです。

10年実施の実績があり、安心確実な治験案件を多数ご紹介中。

事前検診に行けば自分の健康状態も分かる上、謝礼金ももらえます。

まずは無料登録して募集している案件をチェックしてみましょう。

掘り出し物案件多数の治験情報サイトVOB

VOBは業界最大手の治験情報サイトです。

他のサイトが扱っていない高額謝礼の「掘り出し物案件」多数あります。

チャンスを逃さない為にもまずは無料登録しましょう。

スポンサーリンク
初心者のQ&A
スポンサーリンク
ヒカルをフォローする
スポンサーリンク
治験博士のウバ活奮闘記

コメント